挙式前に日焼けしてしまった肌を白くする方法

日焼け対策

挙式前に日焼けしてしまった! 日焼け跡をなるべく早く元に戻す方法

投稿日:2015年1月18日 更新日:

挙式が近づいているので油断して日焼けしてしまった!

挙式まで時間がない! どうしよう。

そんな風にお悩みの方はいますか?

はい。それは昔の私のです(笑)

そうなんです。実はわたしは挙式日の3ヶ月前に大胆に日焼けしてしまったんです。

挙式日三ヶ月前にプールで日焼けをしてしまう

原因はプールに遊びに行ったこと。私何を油断したのか挙式の三ヶ月前にもかかわらずプールに遊びに行ってしまったんです。
sss-hiyaketaisaku001

もちろん日焼け止めは塗ったのですが、その日の陽射はとっても強烈。日焼け止めの効果もいまいちで、顔はもちろんのこと肩から背中にかけて真っ赤になってしまいました。

正直かなり焦りました。挙式も三ヶ月後に控えていたし、肌が元に戻るかどうか不安で不安で。

当日はブライダルエステの力を借り、また自助努力によってほとんど目立たないくらい回復しましたが、当時は本当に悩みましたね。

さすがに一ヶ月とか一週間前だと日焼けあとを元に戻すのは無理ですが、三ヶ月あれば完全とは言わないまでもある程度目立たないくらい戻すことは可能です!

今回は私と同じように挙式前に日焼けしてしまった方にむけて記事を書きました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

日焼けあとをなるべく早く元に戻す方法

対策1.とにかく冷やす

ss-hiyaketaisaku003
日焼けをして体が火照ったり、ヒリヒリしていたらとにかく冷やすことです!

冷水シャワーを使うのが一番ですが、それが厳しい場合は氷水で患部を冷やましょう。

20分以上は冷した方がいいです。

日焼けって軽度の火傷なんです。日焼けで肌がヒリヒリするのも肌が火傷で炎症を起こしているから。

保湿やピーリングをする前にまずは火傷を治すことが大事!

そのためには冷水シャワーでとにかく冷やすべし!

シャワーが難しかったら冷たいタオルでもOK!

火照った身体を冷やして少しでも早く炎症を抑えることが大切です。

対策2.保湿

体を冷やしたら次は保湿です。日焼けをすると肌の水分が奪われてしまうので、乾燥が危険です!

とにかく化粧水をバシャバシャつかってもいいので保湿してあげてください。

ただし日焼け後は肌が炎症しているのである意味ボロボロの状態です。刺激の強い成分が入った化粧水は使うのは絶対に控えてください。

このとき美白用の化粧水を使いたくなりますが、美白化粧水は刺激が強いことが多いのでなるべく低刺激の化粧水で保湿しましょう。美白系の化粧水はヒリヒリが治ってからです。

冷蔵庫で冷やした化粧水のパックもおすすめ!

化粧水パックを冷蔵庫で冷やして火照ったからだに当てるのもオススメ! 化粧水パックのおかげで十分な保湿力がえられ、冷やすことで火照った体も冷やせるし一石二鳥。ただしこちらも美白成分が入ったマスクはNG! この時期はとにかく美白化粧水などの刺激が強い化粧水を使うのは絶対にやめましょう。

対策3.お肌のターンオーバーを正常に戻す

体を冷やし、化粧水で保湿し、ヒリヒリが収まったら次のステップにすすみます。

肌の色を戻す一番の方法は肌のターンオーバーのリズムを正常に戻すこと。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わり、つまりは新陳代謝のこと。ターンオーバーを極める事こそが美白への一番の近道と言っても過言ではありません!

紫外線を浴びた肌のターンオーバーは乱れに乱れています。

ターンオーバーを整える方法はいくつかあります。平行してすすめるといいと思います。

ターンオーバーを促す方法1 ピーリング

日焼けによる赤みがなくなってヒリヒリがなくなってきたらピーリングを試してみましょう。

ピーリングをすることで古い角質を除去して新しい肌を引き出すことが出来ます。古い角質を除去することで肌の代謝を上げターンオーバーを促すことができるんですね。

  • ピーリングは毎日はNGです。週に一回でOK! あまり頻繁にやりすぎるとお肌が荒れる原因となります。
  • 日焼けのすぐ後など肌がヒリヒリしているときはピーリングはNGです。日焼けは火傷と同じなので、肌に炎症がある状態でピーリングをすると、よけいに治りが遅くなってしまいます。ピーリングは肌のヒリヒリが完全に治ってからにしましょう。

もちろんピーリングのあとはお肌をクリームや化粧水でケアすることを忘れないようにしてください。ピーリングで余分な角質がなくなれば、美白成分も浸透しやすくなります。

ターンオーバーを正常化に戻す方法2 運動

ss-hiyaketaisaku004

血行をよくすることもターンオーバーを正常に働かせる方法の一つです。そのためには半身浴や、ウォーキング。スロージョギングなんかがオススメです。

特にウォーキングやスロージョギングなどの運動は本当に万能薬。代謝もよくなりますし、汗をかくことで老廃物も排出できます。その結果として日焼けで乱れたターンオーバーのサイクルが正常化し、お肌の再生を促します。

ただし、ランニングなどの激しい運動は活性酸素を増やしてしまい老化に繋がるのでオススメしません。あくまでもじんわり汗をかく程度の軽い運動が効果的です。

言うまでもないことですが運動する場合は日焼け対策は必須! かならず日焼け止めなどは塗りましょう。なるべくなら日が当たらない夕方以降に歩くのが吉。ジムなどに通うのもいいですね。

ターンオーバーを正常化に戻す方法3 睡眠

睡眠
お肌のターンオーバーを正常に戻すのにも睡眠はとっても効果的。人は寝てる時に肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されます。

どんなに効果な美容液を使っても、どんなに栄養素をとっても、睡眠時間が不規則だったらなんの意味もありません。良質な睡眠こそお肌にとって最高の美容。挙式前は何を優先しても「睡眠時間」は確保するべきです。

最低でも6時間の睡眠が大切!

もちろんただ6時間寝ればいいというわけではありません。就寝時間がまちまちだと体内時計が乱れ、成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。

日焼け後の改善のためにも、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという規則正しい生活が大切です。

対策4.美白化粧水で美白を促す!

肌のヒリヒリが完全に治ったら美白化粧水の出番です。使用前は必ずパッチテストなどで肌が荒れるかどうかの確認はしてくださいね。

おすすめは「ビタミンC誘導体が入った化粧水」

ビタミンC誘導体は美白作用があるスーパー成分です! もちろん日焼けにも効果があります。

対策5.美白にきく栄養&サプリメン摂取!

上記と平行して美白を促すサプリメントもとりましょう。

トマト

トマト リコピン
日焼けにはトマトがききます!トマトに含まれるリコピンには紫外線のダメージから肌を保護する効果があります。

ある研究チームの実験では「トマトを毎日食べた女性は、食べなかった女性よりも平均して33%、日焼けによる赤みが少なかった」そうです。

トマトには皮膚の老化を抑える成分も入っていますし、トマトを摂取することによって中と外から若返ることが出来ます。意識して毎日トマトを食べるようにしましょう。

おすすめはトマトジュース! 生でトマトを食べるよりも「ジュース」や「ケチャップ」で摂取したほうがリコピンの吸収率が3倍も高いことがわかっています。

トマトにはリコピンの他にもビタミンCも含まれていますから、日焼けに悩んでいる女性の大きな味方です。

ビタミンC

ビタミンC
ビタミンCにはシミの原因となるメラニンを作らせないようにする効果があります。また老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。まさに美容の女神といってもさしつかえないほどビタミンCの効果は絶大です。

薬局に行けばビタミンCのサプリメントがありますので、毎日飲むようにしましょう。

ビタミンCを安く摂取したい場合は粉末状のビタミンC(アスコルビン酸)がオススメ。一キロで1000円くらいで購入できるのでお得です。

ビタミンCは水溶性のため体外に排出されやすいので、一度に大量に摂っても意味がありません。毎食後などにこまめに摂取するようにしましょう。

一回に摂る量は1g体で十分です。一度に多く摂り過ぎるとお腹を下したりするのでほどほどに。

お風呂にアスコルビン酸を1g入れると塩素を消してくれます。日焼けしたお肌に塩素はよくないので、お風呂に入る時はアスコルビン酸を混ぜるようにしましょう。お湯がマイルドになって肌にも優しくなります。

酒と煙草はNG

酒と煙草はお肌にとって最悪です。少なくとも結婚式までは断酒・禁煙を推奨します。

タバコはビタミンCを大量消費しますし、お酒も水分を消費するのでビタミンBが不足しがちになります。どちらも美容にとっては重要な栄養素です。

対策6.エステに駆け込む

自分の力ではどうしようもないと思ったらブライダルエステに駆け込みましょう。

プロのエステティシャンにピーリングや美白を促す施術をしてもらいましょう。

日焼けあとを改善する「ホワイトニングコース」というものもあります。

私も日焼けあとを相談したら真摯に相談にのってもらいました。

リンパの流れをよくして代謝をアップさせるマッサージをしてくれたり、美白成分がたっぷり入ったクリームでホワイトニングしてくれたり、美白成分の入ったパックをしてくれたり、外と中から徹底的にケアすることで、日焼けにも効果があります。

やはりプロの方は凄い!

ゼクシィなどのサイトで「日焼け」と検索すると、対応するサロンがたくさん出てきます。エステサロンを検討するのも一つの手です!

対策7.今以上に焼くことだけは死守する!

日焼け止めを塗りましょう。長袖を着ましょう。帽子をかぶりましょう。トマトを食べることも肌を紫外線からガードする効果があります。

対策8.日焼け対策は早ければ早いほどいい!

人間の肌の周期は27日と呼ばれています。栄養素をたっぷり摂り、体の代謝を促し、ターンオーバーを正常化させても、やはり日焼け跡をもとに戻すにはある程度の時間が絶対に必要です。

最低でも2ヶ月から3ヶ月は欲しいところです。

挙式前に油断して日焼けしてしまった場合は「今すぐ!」行動にうつしましょう。ぼやぼやしてたら間に合わなくて、一生に一度の結婚式を後悔することになってしまうかも。

私自身挙式前に日焼けをしてしまったこの時ほど「時は金なり」を実感したことはありません。

どうしても日焼けが治らない場合は?

日焼けが完全に良くならなくても過度に心配しないでください。式場のメイクさんはプロです。少しくらいの日焼けだったらメイクの力で遠目にはほとんど分からない程度に隠すことは十分可能です。

最後はメイクさんの力を信じましょう。

-日焼け対策

Copyright© ブライダルエステ・脱毛に行く前に読むサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.